082-272-6006
資料請求・ご相談

広島の解体業なら桑原組

>
新入社員の声

 

新入社員たちの飾ることない本音トーク。
最も身近な先輩たちが、どんな想いで社会人生活を送り、どのような姿勢で、仕事と向き合っているのか。
そんなリアルな姿を読み解いてください。
※取材当時の新入社員です

 

環境リスクマネジメント事業部
櫛田 晃希
KUSHIDA Koki

環境リスクマネジメント事業部
桑原 未来
KUWABARA Miku

  住空間創造事業部
  西川 莉那
  NISHIKAWA Rina

 

 

私が桑原組を選んだ理由

櫛田
環境リスクマネジメント事業部の櫛田です。出身は神戸、映画鑑賞が趣味です。大学では建築、土木を専攻していました。学んだ知識が生かし、住宅に関わる仕事をしたいと思ったのが入社のきっかけです。

 

桑原
環境リスクマネジメント事業部の事務担当、桑原です。スポーツ観戦、特に野球観戦が好きです。最近はフットサルの観戦に目覚めました。
出身は愛媛、大学時代は尾道で過ごしました。中四国で勤務できる事務職を希望して就職活動をおこなっていて、説明会で桑原組に出会っちゃたんですよね。
就活生としてではなく一人の人間として話を聞いていただいたことに温かさを感じて。雰囲気の良さそうな会社だなぁというのが第一印象でした。

 

西川
生まれは岩国、育ちは廿日市の西川です。住空間創造事業部で、無印の家の営業担当です。
学生のころから家を見ることが趣味でした。友人と放課後に「ちょっと家見に行こうやぁ」みたいな。
特に無印良品の商品が好きというわけではなかったのですが、他県に旅行中にたまたま無印良品の家を見つけて、無印良品が家を作っていることに驚きました。その当時は広島に無印の家をやっている会社が広島にあることを知らなかったのですが、桑原組が契約店であることを就職サイトで知り、運命を感じエントリーしました!!!

 

 

 

実際に働いて気づいたこと、わかったこと

櫛田
入社前後で考えや思いが変わったという点は特にないかな。特にないというのは、説明会での先輩方の説明と、入社してからの仕事にギャップがないという意味で。事前の情報をそのまま仕事に活かせている感じ。でも、社会人になってからのほうが広く深く勉強する必要があると感じています。

 

西川
説明会では気さくに、でもきちんと説明をしてくださいました。そのおかげで、入社後に実は違っていてがっかり、はありませんでした。あと、社長との距離が近いよね。

 

桑原
皆さん仲が良く、会社の雰囲気はとても良いです。先輩方も親切で、頼りになります。年齢も性別もあまり関係ない会社だと気づきました。これが桑原組らしさ、かな。

 

西川
仲が良いといえば、プレミアムフライデー。こんな楽しいイベントを行う会社なんだ!と驚きました。仕事で普段関わらない部署の人とも話ができるし、さまざまな年代の先輩と交流して、いい経験をたくさんさせてもらっています。

 

櫛田
そういったポジティブなところは桑原組らしいなぁと思う。例えば仕事でミスがあっても、次にどう対応していくべきか、丁寧に指導してくれる。常に前向きな雰囲気があります。

 

 

 

仕事の内容、仕事を通じて実現したいこと

西川
私は営業なので、ロールプレイングで接客のシミュレーションをしています。本番時に、ロールプレイング同様の営業活動ができるように。まだまだ悩んだり、試行錯誤の毎日ですが、早く一人前の接客ができるようになりたい。

 

櫛田
先輩方のもとで、書類作成から図面作成、現場での測量と写真撮影まで業務は幅広いです。これからArchiCADをマスターして、仕事の幅を広げたいです。 あとは先輩方から愛情をもっていじられること。これも業務の一つ!

 

桑原
解体に関する書類を扱うことがメインの仕事です。学生時代には経験したことのない難しさ、例えば、何か困ったことがあっても学生時代は簡単に友人に頼ることもできたけど、ある程度自分が理解したうえで、さらにビジネスマナーや節度をもって相談する、など難しいことがたくさん見えてきました。

 

櫛田
家はいつか欲しいよね。

 

西川
じゃあ無印の家を櫛田さんに売ってあげます!
お取引先から感謝されたり、現場を見たりと、自分の成果を色々な場面で感じられる営業の仕事が好きです。「西川さん、ありがとう」と言ってもらえるような、お客様と深い関係を築けるような接客ができるようになりたいです。

 

桑原
入社1年目でもある程度の仕事を任せてもらえる分、自分で考えながら仕事を進めることに慣れないうちは大変。新入社員として受け身なだけでなく、能動的に自分の考えをしっかり伝えられようになりたいです。

 

櫛田
家も欲しいけど、通勤用の車が買えるように頑張る!

 

 

 

私たちから就活生に向けてメッセージ

桑原
やりたいことをやらせてくれる自由度の高い会社だと感じています。
放任主義ということではなくて、常にまわりには頼れる仲間や先輩がいるので、フォローしていただけますよ。
解体というと少し怖いイメージを持たれるかもしれませんが、少しでも興味のある方は、ぜひ、話を聞いてみてください!

 

櫛田
桑原組は、業界の枠組みにとらわれない自由な発想と行動力を大切にしている会社です。この会社、解体業が本業だったっけ?と思えてくる面白い会社。
どの企業を志望するにしても、会社ではなく、何がしたいか、を軸に幅広く業界に触れて、受けてみてほしいです。

 

西川
さっき私が話した「無印良品の家」は枠組みにとらわれない一例。解体業が家づくりなんて、って思われるかもしれませんが、それを可能にするのが桑原組なんです!やりたいことを追及してほしいです。

 

櫛田
西川
桑原
入社してみないとわからないこともありますが、真剣に悩み抜いた末に、桑原組を選んでもらえたら嬉しく思います。
悔いのないように、頑張ってくださいね!
皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

 

 

  1. このページの先頭へ