082-272-6006
資料請求・ご相談

広島の解体業なら桑原組

>
社員インタビュー4

社員インタビュー

 

Why 桑原組

限界を決めず、既成概念なく、あらゆることに挑戦できる。

 

ハウスメーカーで約20年営業経験を積みましたが、さらに視野を広げて活躍したいと思い、桑原組にジョインしました。

桑原組は、個人の考えや、やりたい事に理解を示してくれます。
 「無理だろう」「○○すべき」「▲とはこういうものだ」など、既成概念にとらわれません。
そしてやれる方法を一緒に考え、実行する為の協力を惜しまない社風です。

常識に縛られず、思考を止めることなく、会社、チーム一丸となって成長できる会社です。

 

 

業務内容

無印良品の家、広島西店の店長 兼 建築士です。

 

 私を含めチームは8名。私は無印の家 広島西店の店長としてモデルハウスの運営と並行して、設計、販売、施工、工事監理まで広い業務を統括しています。

モデルハウスには1か月あたり30組から40組当たりが来店されます。来客対応はもちろん、モデルハウス出勤者のシフト作成、インテリアや備品の管理、顧客データ管理、見積作成、図面作成、家をお渡し後のメンテナンス対応やヒアリングなど多岐にわたります。

また、建築士として図面も作成します。建物に住む人や利用する人の生き方・働き方・笑顔をつくり出せる、魅力あふれる仕事ですね。

無印良品の家を土地探しから設計、上棟し、お渡しするまで一連の流れを管轄するメリットを生かし、細かい点まで気配り、目配りしながら家づくり、空間づくりを進めています。
 

 

 

仕事に対する思い

お客様が住んで良かったと思って頂ける家づくり・空間づくり。

 

一級建築士資格を持っていますが、お客様とのコミュニケーションを大切にして、ただの建築士にとどまらない仕事をを心がけています。

建物は一度建てられると、そこから数十年は残り続けますからね。
お客様の好み、利用する人の動き、ライフスタイル等を時間をかけてヒアリングし、早期に問題点や懸念点の洗い出しを行い設計に活かします。

雰囲気や思いなど、言葉では表しにくいものを設計図に反映させる必要があるので、無印良品の家の写真集や過去の事例などで具体例を提示しながら、家や空間が仕上がったときにどうなるかを、何度もお客様と共有します。

当初は考え方が異なっていたとしても、最終的には「あなたに頼んで良かった」とお客様に言ってもらえれば大成功です。
私が設計した無印良品の家が、お客様を笑顔にしている姿を見たときには、とてもやりがいを感じます!

 

 

仕事&プライベートの目標

3年後、西日本で無印良品の家販売棟数1位
5年後、日本で無印良品の家販売棟数1位
チーム一丸となって達成します!

プライベートでは、ドライブが好きなので、家族で四国の温泉巡りをしたい。ゆっくり温泉でリラックスしたいです。
あとは、デジタルデトックス。携帯やパソコンから解放されて過ごしてみたいですね (笑)

本気でゆっくり休むと、十分にリセットされ、自然と仕事をやりたくなってくる。そうした上手なリセットを活用できる組織作りも目標の一つです。

 

 

将来の仲間へのメッセージ

 

 

無印良品が好きな方、目標を持って自分で創意工夫しながら組んで行ける方。やりたい事を教えて下さい。

あなたの思いをチームで共有し、目標を定めて取り組んでいきましょう。

 

 

  1. このページの先頭へ